土地の価格に底打ち感

企画:ゲイトグループ株式会社
編集:不動産価格.net事務局

2012年1月は底打ち感が出始めたような結果となってきています。特に土地を中心にその傾向が出始めており、関東圏、関西圏共に成約件数も増え、前月比でもプラス傾向が出てきました。ただ、明確な上昇機運が出始めたと判断するには国内経済のファンダメンタルまだまだ低調だと思いますが、買い手はそろそろこの辺りが底と見始めているような感じは否めないですね。

以下に2011年12月度の東日本、西日本の不動産取引動向を整理しておきます。

■最新の不動産市場動向

2012年1月、今週に東日本不動産流通機構および近畿圏不動産流通機構より発表された不動産動向データをで検証してみると下記の通りとなります。


首都圏

物 件 種 別 平米単価(前年比) 平米単価(前月比) 成約件数(前年比)
マンション -2.5% +0.1% -3.3%
中古戸建て -5.6% +0.8% -6.3%
土地 -0.9% +7.3% +5.5%

◆ データ出典元:東日本不動産流通機構 2012年1月度 月例マーケットウオッチ


近畿

物 件 種 別 平米単価(前年比) 平米単価(前月比) 成約件数(前年比)
マンション -6.2% -2.1% +8.5%
中古戸建て 0.0% -0.0% +11.0%
土地 +16.9% +13.1% +39.0%

◆ データ出典元:近畿圏不動産流通機構  Real Time Eyes 2月号

■不動産の若干回復の兆しあり?

昨日(2/17)の政府発表ならびに日銀総裁の講演などを見る限り、国内の景気回復について復興需要による底上げは限定的ですし、円高の長期化や欧州危機や中国の景気減速の影響で製造業は収益悪化が続き、全体的な回復の兆しはまだ見えて来てないというのが現実的な線かと。 一方で、国内の小売り分野で緩やかな回復基調も出始めてきているのも事実で、震災の自粛モードも若干減退したのか、エコカー補助金で新車の売上げが伸び、厳冬の影響もあり11月くらいから生活必需品関連から改善してきている点などプラス
面もあるようです。

http://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/2012/0216getsurei/main.pdf

不動産の価格動向も震災の影響で落ち込みから徐々に回復しつつありますが、未だ踊り場にいる状況ですね。首都圏や関西圏の一部の人気エリアでは個人の不動産取得意欲が戻りつつあるようで土地の売却価格等の上昇傾向も見られてきましたが、一方で首都圏では転入人口の減少が散見される点は要注意ですね。特に千葉県などは転出人口のほうが多くなり、厳しい状況にあるというのも事実です。

本格的な景気回復傾向に向かうとよいですが、未だデフレ状況は続いており、消費税増税など一般個人(大衆)の生活防衛意識の高まりを増長させる話題には事欠かない状況であるので楽観出来ないのも事実です。欧州の債務危機、中国の景気回復の兆しが見えてくると、今年後半から緩やかに回復していくとも言われており、今後の動向には注視が必要です。

pr011.jpg  ご所有の物件の現在の市場価格に関する不動産査定不動産売却のご相談は不動産価格net経由で、お気軽に最寄の不動産会社にご依頼頂けます。複数の査定価格、売却戦略などの提案内容を比較検討してみてください

その他、不動産査定を出す前にご不安なことや、ご不明な点がございましたら、 お気軽に不動産価格net事務局までお問合せください。
 こちらをクリック>>